Work & Life

仕事と家庭生活の両立(ワークライフバランスの実現)

心身ともに充実した生活が、個々のモチベーションを高め、効率的で質の高い仕事を生み出すなど、仕事への意欲的な取り組みと幸福を実感できる生活が相乗効果を高める、いわゆる「ワークライフバランス」が高い生産性を実現すると言われています。
こうしたなか、仕事と家庭生活の両立を支援するため、制度休暇の完全利用など有給休暇の取得促進、2月と8月を中心に全店一斉で推進する早帰り運動「マイタイム・キャンペーン」、政府が主導する「家族の週間」に呼応した11月の定時退行週間の実施などを通じて、総労働時間の短縮に積極的に取り組んでいます。

育児支援の面では、育児に取り組む従業員が安心して働き、キャリアを形成していけるよう、法定基準を上回る育児休業制度(子が2歳達齢まで)、育児短時間勤務制度( 子が小学校就学始期まで)など、制度面の充実を図るとともに、各種制度の利用方法等を解説したマニュアルの整備や職場復帰に向けた面談機会の拡充等に努めています。
さらには、共働き世帯の増加等を背景として、社会的関心が高まっている男性従業員による育児休業取得についても積極的に推進するとともに、事業所内保育施設「森のほいくえん」を地域の企業と共同運営するなど、仕事と育児の両立を支援する取り組みを進めています。

森のほいくえん
森のほいくえん