人材育成

充実した育成制度のもと
「金融のプロフェッショナル」を目指す

【研修センター】 平成21年完成。最大で205名の宿泊が可能な施設で、年間200を超える講習会が行われている。

静岡銀行が目指すべき人材像

静岡銀行が持続的に成長していくために、チャレンジ精神に溢れた行員への変革やチャレンジする企業文化の醸成を図ります。

目指すべき人物像

挑 戦

  • 前例や成功体験に捉われずに、物事の本質を見極め、挑戦し続ける人材
  • 中期的な視点で全体を俯瞰し、専門性の発揮や創意工夫を行う人材

誠 実

  • 堅実で粘り強い業務遂行により、お客さまの信頼を勝ち取る人材
  • 常にお客様の満足のために、学び続ける努力をする人材

自 律

  • 高い当事者意識を持ち、当行行員として自律した誇りある行動をとる人材
  • 良好なコミュニケーションにより、組織のチームワーク向上や指導育成を行う人材

プロフェッショナル人材の育成

静岡銀行では、お客さまの抱える様々なニーズや課題を解決に導くソリューション営業を実現する高い意欲とスキルを持った「プロフェッショナル人材」の育成に取り組んでいます。「プロフェッショナル人材」の育成に向けた取り組みとして、階層別・市場別に行われる集合研修、高度な専門スキルを磨くための行外派遣・行内トレーニー、行員のキャリア開発や業務スキル習得に向けた自己啓発への取り組み支援を実施しています。集合研修では、入行後の新入行員研修をはじめとする各階層別の研修や法人、ローン、資産運用などの各分野における業務スキルを高めるための市場別講習会などを開催しています。
また、自己のキャリア開発計画に基づき、海外MBAや政府系金融機関、海外金融機関の現地拠点などへの行外派遣や当行の海外拠点や市場部門等へのトレーニーを実施しています。中小企業診断士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランニング技能士の養成講座にも取り組んでおり、行外派遣等を含め、いずれも公募制で行っています。 そのほか、行員の自己啓発への取り組み支援として、通信講座の受講やeラーニングシステムの活用、ビジネススキルアップに向けた休日開催のセミナーも実施しています。 このように当行では、行員それぞれのキャリアビジョンや成長度合いに応じ、積極的にチャレンジできる人材育成体系が整備されています。

01
集合研修

  • 新入行員研修(チューター・メンター講習)※
  • 階層別研修<2~3年目>(キャリア目標の設定)
  • 法人、ローン、資産運用などの市場別研修
  • 女性活躍支援選抜型階層別研修/女性交流会
  • マネジメント層向け研修
※チューター・メンターとは?
チューター ・・・ 職場における行動の手本や新入行員にとって一番身近な相談相手として新入行員一人一人にチューター(先輩行員)がつき、新入行員の成長をフォローします。
メンター  ・・・ 職場の上司・先輩とは違う立場で、新入行員に対して仕事や社会生活のアドバイスを行い、新入行員にとって目指すべき銀行員像として育成を支援します。

新入行員研修

プロへの第一歩は
実践に即した新入行員研修

工藤 千愛東京営業部 営業第三部
Chiaki Kudo

商学部卒 / 2010年 入行

法人融資業務の補佐として、取引先の分析や融資条件などを審査する協議書作成、取引先への集金などを担当。「お客さまの良き相談相手となれるような行員を目指し、相手に合わせた柔軟な思考力を身に付けたい」と話す。

3カ月間の徹底した研修に臨む

新入行員研修は、社会人としての基本スタンス、ビジネスマナーから銀行の実務に直結した業務スキルまで、内容は多岐に渡ります。長期間かけてしっかり学ぶため、実際にお客さまにご説明する際には、物怖じせず臨むことができました。先輩行員を招いたカリキュラムでは、質問もできて不安を取り除けましたし、知識だけでなく同期との交友を深めるにもよい機会でした。安心して仕事に臨むための基盤が構築できて心強かったです。

お客さまの記憶に残る行員に

新入行員研修で銀行員としての基本スキルは習得しますが、実際にお客さまと接する際には、その場に応じた対応が必要です。今後、多くの経験を積み重ねて応用力を身につけ、自分で考え、工夫しながら仕事に取り組めるよう成長していきたいです。また、お客さまのニーズを読み取り、その方に合った商品や案件を提案できる営業担当になりたいと思います。お客さまの記憶に刻まれるような銀行員を目指し、まずは信頼関係を築いていきたいと考えています。

02
行外派遣・行内トレーニー

  • 行外派遣・行内トレーニー ・政府系投資銀行
    ・海外金融機関の現地拠点
    ・グローバルトレーニングコース
    (国際営業部・資金証券部・海外店)
    ・ディーラートレーニーコース
  • 行内スクール(公的資格取得支援) ・中小企業診断士・社会保険労務士養成
    ・FP(ファイナンシャルプランナー)養成
  • 海外研修 ・海外MBA派遣
    ・海外大学への語学留学
    ・海外視察プログラム 他

行外派遣制度

金融スキルを磨き
海外ビジネス支援のプロに

岩崎 洋輔国際営業部 国際営業統括グループ ベトナム投資開発銀行
Yosuke Iwasaki

経済学部卒 / 2004年 入行

2007年に行外派遺制度を利用して海外金融機関バンコク支店に1年問派遣。「海外駐在中に築いた他行やお取引先の駐在員の方々、また現地タイ人スタッフとの人的ネットワークは今でも貴重な財産」と話す。

海外という新たなステージへの挑戦

派遣制度に手を挙けたのは、入行4年目の時。お取引先のビジネスか海外情勢に強<結びついていることを実感し、海外案件を含めた総合的な提案力の必要性を感じたからです。また海外で見識を深め、さらに海外金融機関で新たな金融スキルを身につけたいとの思いもありました。派遣先は海外金融機関タイ・パンコク支店。日系企業への営業活動か主な業務です。タイをはじめ周辺諸国の経済動向などを調査し、国内営業店に還元することも重要な仕事でした。

法人営業のプロフェッショナルを目指す

現在は、お客さまの海外進出や資金調達ニーズに対応する法人営業担当として海外動務の経験を活かしています。海外情勢についての見識を養ったことは、お客さまに対して国内外を網羅した幅広い情報提供・多角的なソリューションの提案などに役立っています。今後もお客さまのよき相談役となり、法人営業担当者としお客さまのトータルサホーターであり続けられるように、法人営業のプロフェッショナルへとスキルアッブを図っていきたいと思います。

行外派遣制度

地域を支える行員になって
静岡を元気にしたい!

池谷 竜則静銀経営コンサルティング(株)
Tatsunori Ikegaya

商学部卒 / 2005年 入行

法人融資業務の補佐として、取引先の分析や融資条件などを審査する協議書作成、取引先への集金などを担当。「お客さまの良き相談相手となれるような行員を目指し、相手に合わせた柔軟な思考力を身に付けたい」と話す。

専門家としての経験を積むために

事業・資産承継のコンサルティング会社への派遣にチャレンジしました。応募のきっかけは、お取引先の多くが事業・資産承継問題を抱えていることを目の当たりにし、それを解決するための専門的な知識を身につけ、コンサルティング業務のプロフェッショナルになりたいと考えたからです。そんな時、上司からの勧めもあり、専門の知識習得と実務経験を積むことができる行外派遣に挑戦しました。

円滑な事業承継で、地域に活カを

派遣先での経験か、現在の業務に活かされていることは言うまでもありません。銀行がサービスの一環て行う情報提供やアドバイスとは違い、有償で行う当社のコンサルティング業務はより高度な専門性が必要となり、大きな責任も伴います。それゆえにやり遂げた時の達成感は格別なものがあります。私は「静岡を元気にしたい」との思いから静岡銀行へ入行しました。その思いを果たすためにも、円滑な事業・資産承継を通じて企業に活力を与え、地域全体を元気にすることが目標です。その過程で、私自身も銀行員として成長していきたいと思います。

新入行員育成の取り組み