新たなビジネス

- 次なる頂へ -

新たな事業領域への挑戦

静岡銀行では、従来の枠組みにとらわれない新たな事業領域への挑戦を続けています。異業種企業との連携を通じた、先進的なビジネス展開をご紹介します。

  • マネックスグループ(株)
    との資本業務提携
    両社の経営資源を活用し、主に個人のお客様のライフスタイルを豊かにする、未来志向のオンライン金融サービスをめざしています。また2015年4月には、共同企画した公募投資信託「米国株式リスクコントロール戦略ファンド」の取扱いを開始しました。
  • (株)マネーフォワード
    との資本業務提携
    クラウド型会計ソフトや自動家計簿サービスなど、マネーフォワードが提供する先進的なインターネットサービスを取り入れ、中小企業や個人事業主を対象とした新たなFintech※サービスの実現に取り組んでいます。個人のお取引先向け資産管理サービスの共同開発をめざします。
    ※「ファイナンス」と「テクノロジー」を掛け合わせた造語で、金融ITを表す
  • (株)HOUSALLハウソールの設立
    LIXILグループ、桧家ホールディングス、エディオン、ナイス、フロム・ナウと共同で設立したのが、住宅のアフターサービスなどをワンストップで代行する(株)HOUSALLです。地域企業と全国のさまざまな業種・業態の企業とのビジネスマッチング、アウトソーシング業務の紹介などを通じて、地域経済の活性化と地方創生の推進に貢献します。
  • コモンズ投信(株)
    との資産業務提携
    NISAやジュニアNISAの導入によって、投資信託が身近な存在になっています。そんな中、当行が進めているのが、コモンズ投信(株)との資本業務提携による、資産形成サービスの提供です。一般投資家向けの投資信託の設定・販売で高い評価を得ている同社の商品・サービスを活用し、長期的な資産形成をサポートします。
  • 米国シリコンバレーを拠点とする
    日本版ファンドへの出資
    米国シリコンバレーを拠点とする日本版ファンド「Global Catalyst Partners Japan投資事業有限責任組合(GCPJ)」に出資し、新規事業の創造に取り組んでいます。GCPJのネットワークや外部リソースを活用し、幅広い分野から新規事業アイデアを取得。その成果を地域企業に還元し、地域経済の活性化に貢献します。
  • ほけんの窓口(株)
    との業務提携
    「ほけんの窓口」は、来店型の保険ショップという新しい販売チャネルを確立した、大手保険乗合代理店です。同社との業務提携によって、お客様のライフプランに合った金融サービスをワンストップに提案する仕組みを構築し、金融サービス品質のさらなる向上に努めています。